鑑賞プログラム

​2018年より、様々な形で鑑賞プログラムの開発と実践を行なっています。

アタック16鑑賞 New! 

2019より

1枚の絵を、16枚に分割したカードを使って行う鑑賞遊び。作品をじっくり見ることに加えて、部分から全体を想像することでのミスリーディングを楽しむ。

オンライン上での実施も可能。

詳しく知りたい方はこちら

 

さんぽ鑑賞  

2019より各地で開催

作品を拡大出力したターポリンシートの上を、

歩き回りながら行う鑑賞プログラム。

詳しく知りたい方はこちら

饒舌な常設 

(宇都宮美術館 2018)

常設作品1つを約45分の長時間、黙って鑑賞するストイックな鑑賞プログラム。参加者には3枚のカードがランダムに渡され、そこには鑑賞のヒントとなるようなテキストが書かれている。

​配布カードのテキスト

​糸でんわ鑑賞 

(一宮市立三岸節子記念美術館 2018)

「糸でんわ」を用いて、親子で対話する鑑賞プログラム。親は自身の意見を発言できないルールがある。

「子供の話をちゃんと聞く」ただそれだけで、案外美術鑑賞は楽しくなるというプログラム。

 

​詳しく知りたい方はこちら​​