検索

2019 6.2 取手校ゼミ#1(前半)

令和になって初めてのゼミが開催されました。

なかなか濃い目の内容だったので、今回は前後半に分けて掲載します。



2019.6.2

取手校ゼミ 2019 #1

(ログ担当:石渡)

取手校、今年度第1回目のゼミを開催しました。

初回から盛りだくさんの内容となりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のゼミの内容はこちら。

1.ゼミ生Aからの発表

・作品を買うことについて-アートフェア東京2019-

2.佐藤悠さん・ゼミ生Sからの発表

・莇平 田植えレポート

3.佐藤悠さんの鑑賞プログラム実験

・反対話型鑑賞

・筆談でアタック4

4.知ったかART NEWS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1.ゼミ生Aからの発表

・作品を買うことについて-アートフェア東京-





アートフェア東京に参加し、実際に作品を購入した体験をお話してくれました。


アートフェアとは、さまざまなアート・ギャラリーが一堂に会し、

各ギャラリーがおすすめの作品を展示販売する催しです。

アートフェア東京は、毎年3月に東京国際フォーラムで開催されています。


古美術から現代美術まで、ブースに展示が可能であれば表現技法も様々で、

幅広いジャンルの作品が出展されています。

ちなみに、今年のアートフェア東京2019は、

過去最高の29億7,000万円の取引が行われたそうです

(今回の「知ったかARTNEWS」より)。


ゼミ生Aがアートフェアに参加しようと思ったきっかけは、

転職した直後で、前職で頑張った自分へのご褒美に「アート作品を一つ買おう」

と思ったこと。そして、出会ったのが、

風間天心さんの「Borderline」

彼はこの作品を購入することにしました。


神道や仏教の祝儀袋や不祝儀袋など進物用の包みを結びとめる

「水引」で作られた神棚です。

作者の風間天心さんは、アーティストであると同時に、曹洞宗の僧侶でもあります。

仏事でもよく用いられる「水引」を使い、神道の象徴である「神棚」を作る。

私は今回初めて風間天心さんの作品を拝見しました。

様々な宗教が混在し、独特な宗教観を持つ日本。

それを非難するのではなく、むしろ互いを認め合い、融合していく、

異なるものを非難するのではなく、それぞれの存在を認め、

そこから生まれるものを育てていこうとする温かさを感じました。


僧侶でもあり、アーティストでもあることで、

「芸術と宗教の相互性を求め」ているという風間天心さん。

アーティストの姿勢が作品に現れている、

作品は作った人の心を宿すものなのだと、改めて感じました。


ちなみに、風間天心さんは今年、「Funetasia」で岡本敏子賞を受賞しました

この作品は「平成」という元号のお葬式で、受賞の展覧会では、

会期中に参列者から集められた「平成の終わりを機に手放したいもの」を

ご供養する供養儀礼を行い、その締め括りとして、改元前に寺院にて、

作品の祭壇を柴燈護摩によって焼き尽くす「お焚き上げ」も行われました。

ゼミ生Aが風間天心さんの作品を購入したのは、岡本敏子賞の受賞前で、

自らの目利きにちょっと誇らしげでした。


自身の経験を通じ、美術館の図録やアート作品のポストカードを買うことと、

作品そのものを買うことの違い、なぜ作品を買うのかという問いを、

発表の中で提示してくれました。


ゼミ生Aは、作品を買うことで、アーティストとのつながりができ、

応援することができると考えました。

彼が作品を購入したギャラリーはもともと彼の地元にあり、その存在を知っていて、

作品自体に惹かれたことはもちろん、このギャラリーが推しているアーティストなら、