検索

2019.6.2 取手校ゼミ#1 (後半)

2019.6.2

取手校ゼミ 2019 #1 (後半)

(ログ担当:石渡)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のゼミの内容はこちら。


1.ゼミ生Aからの発表

・作品を買うことについて-アートフェア東京-


2.佐藤悠さん・ゼミ生Sからの発表

・莇平 田植えレポート


3.佐藤悠さんの鑑賞プログラム実験

・反対話型鑑賞

・筆談でアタック4


4.知ったかART NEWS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前半の記事はこちらから



3.佐藤悠さんの鑑賞プログラム実験





佐藤悠さんが展開する鑑賞プログラム。

今回は2つのプログラムを実験的に行いました。


・反対話型鑑賞

まずは、「反対話型鑑賞」です。

「反対話型鑑賞」とは、悠さんが最近考案した新しいプログラム。

解釈の可能性を広げるため、

敢えてあらゆる解釈に反対しながら鑑賞をするというものです。


プログラムは次のような流れで進めます。

(以下は、悠さんの「反対話型鑑賞」に関する記事を参考にさせていただきました。)


まず、参加者は5分間、黙って作品を鑑賞します。

鑑賞を終えた後、

ファシリテーターは鑑賞作品の一般的な解釈

(解説書などの内容を簡潔にまとめたもの)を発表します。


 それに対し、参加者は、以下のルールに沿って、1人ずつ順番に発言してゆきます。

____________________________________________________________

・先に発言された内容に対し、同意することを避け、  「でも」「その一方で」「しかし」「逆に考えると」  などの言葉を用いて反対し、先の内容と異なる新しい解釈を発言します。

・発言は本心を伴っていなかったり、屁理屈でも構いません。

・ファシリテーターは、発言内容が被っていないか、  妥当性を著しく欠いた解釈になっていないかを  任意の基準で判断し、「よい対話」にするために指摘することができます。

・発言は解釈可能性を広げるために行い、  ある解釈についての否定を行うのであって、  特定の個人、国、文化などを否定するような内容とは異なります。  また、発言と発言者は区別されます。


_____________________________________________________________________


今回使用した作品は、國分郁子さん

「酔狂の蜜は昼のさなかに」という作品。


*作家さんのご厚意で、プログラムに画像を貸していただきました。

今日はこちらの作品を鑑賞します、

と提示された瞬間、参加者全体から「これは…」という雰囲気を感じました。

抽象的な要素が多い作品なので、しっかり向き合わないと!という緊張感が走ります。


まずは5分間、近づいたり、遠くから眺めてみたり、

各々のスタイルで作品をじっくり鑑賞しました。


そしていよいよ反対話タイム。

まず、ファシリテーターの悠さんから鑑賞作品の一般的な解釈が発表されます。

そこからスタートし、ありとあらゆる反対の接続語でつなげながら、

先に述べられた解釈とは異なる見解を次々述べていきます。


「永遠を感じる」対「限られた空間」、

「愛」対「憎悪」、

「空想の世界」対「現実の世界」…


作品から感じたことを土台にしつつ、先の解釈の否定をしなければいけない。

ただ、感じたことを述べていく今までの「対話」型鑑賞と異なり、

先の解釈を否定するという作業が追加される。

しかも、それをテンポよく、次々に回していく必要があるため、

脳がフル回転していく感覚がありました。


だんだん白熱していって、

発言内容を記録するために悠さんが用意したボイスレコーダーが、

途中からマイクと化していて、力説を展開するゼミ生も多数登場しました。


ゼミの予告段階で、今回の鑑賞プログラムは「演じる」ことをしてもらいます

という話があり、その時は「はて?」と思ったのですが、

白熱する「反対話」の現場で、そういうことかと少し分かった気がしました。


「反対のことを言わなきゃ」という焦燥感のもと、

従来の自分の感覚・思考では出てこなかった解釈が生まれる瞬間があって、

それは本当の自分とは切り離された違う自分との出会いのように感じました。


作品に対する専門家の解釈や知識を、

一方的に提供する鑑賞のアンチテーゼとして誕生した「対話型鑑賞」。

鑑賞者各々の感想を重視し、対話により共有することで、鑑賞はより自由になりました。


一方、感想を重視することにより、鑑賞者の思考・感覚の枠は超えられない、

また、対話により共感することで、

作品のイメージが固定化されてしまうかもしれないといった限界もあるかもしれません。


「反対話型鑑賞」はその場の化学反応により、

鑑賞者自身とは切り離した新しい解釈が生まれ、

対話によるイメージの固定化を避け、

さらに新たな見地を開いてくれるものになるかもしれないなと感じました。


今回は、反対話を2周実施しました。

1周目は、作品の解釈に関する発言が多かったのですが、

2周目は作品そのものに関する発言が多かったように思います。


これば実は絵ではなく、立体作品を写真に収めた作品であるとか、

巨大な作品であるとか、いやいや、

顕微鏡から見える世界を映したもので、人工物ではないなど…作

品そのものの存在に対する疑問の目が生まれ、

まさに鑑賞の新たな境地に踏み込んでいる感覚がありました。


初挑戦の「反対話型鑑賞」。

テンポも良く、かなりヒートアップして盛り上がるので、

鑑賞プログラムのウォーミングアップとして、即興的に楽しむのも良いし、

今後の展開としては、参加者の発言のキーワードを記録する書記さんを設けて、

それを参加者で振り返り、分析し、その作品をより深く味わう、

「反対話型鑑賞の対話型鑑賞」というのもできるかなと思いました。


・筆談でアタック4

今回のゼミは鑑賞プログラムも豪華2本立て。次は、「筆談でアタック4」です。

悠さんが提案している「アタック16鑑賞」。


1枚の絵を16分割し、1/16になった絵を1枚ずつ提示していき、

その断片をよく見て、何が描いてあるか、全体はどんな絵か推理をしていく遊びです。

今までオンラインと、対面で実施してきました。


ただ、それぞれのやり方にはメリット・デメリットがありました。

オンラインでは、発言の記録が残るので、

鑑賞中も過去の発言を振り返ることができるという反面、

非常に時間がかかるという問題がありました。


一方、対面では、テンポよく進められますが、

逆に展開が早すぎてしまうことと、

過去の発言を振り返ることができないという問題がありました。


この表裏一体のオンラインと対面のやり方のいいとこどりを目指したのが、

「筆談」です。

文字で記録することで過去の発言を振り返ることができ、

また書くという動作が伴うので、話すより時間をかけて進められます。


進め方の概要は以下のとおりです。


・参加者は2~3人一組になります。

・各グループに模造紙、付箋紙、ペンを配布します。

 グループ内で自分の意見を記録するペンの色を決めます。

 模造紙と付箋紙の使い方は自由。

 記録は模造紙に直接書いても良いし、付箋紙に書いて模造紙に貼っても構いません。

・発話は禁止。やりとりはすべて筆談で行います。


今回の鑑賞作品は

ジャン=レオン・ジェローム『ピグマリオンとガラテア』というものでした。


従来の「アタック16鑑賞」は、ひとつの作品を16分割していましたが、

今回はこちらの作品を4分割して行いました。


まずは、右上の1/4から提示されました。


天使と、苦痛の表情を浮かべた男性の顔が描かれています。

口づけをしている2人の姿が左端に見えます。


天使の矢はどこに放たれているのでしょうか。

苦痛に満ちた顔の下には何が描かれているのでしょうか。

口づけをしている二人は誰なのでしょうか。


次に左上の1/4が提示されました。



やはり中央の2人は口づけをしているようです。

左側に見えるのは、絵でしょうか。彫像でしょうか。

左側の天使と男性の顔を結び付け、

「快楽による堕落を意味していて、下には地獄が広がっている」という意見もありました。


また、中央の2人は誰なのかということは多くのグループで議論があり、

人間なの?男女?もしかして男性同士なのでは?との意見がありました。


そして最後に、下半分の2枚が同時に提示されました。


発話が禁止されていましたが、おそらく参加者みんなが

「そういうことだったのー!」と心の中で叫んだと思います。

これが「アタック鑑賞」シリーズの面白さです。


筆談でという以外は、グループのやり方に任されていた今回のプログラム。

グループにより、対話の仕方が様々でした。


直接模造紙に書き、相手の発言に対する意見を言いたい時や

過去の発言につながる部分がある時は、矢印を引いて書き進めていったグループ。



チャットのように、付箋紙に自分の意見をどんどん書いて、模造紙に貼っていくグループ。



今まではオンライン、対面ともに司会者がいましたが、

今回は完全に参加者の対話により進めていったので、

互いに行き詰った時にどう突破していくのか、

無言の時間をどうしたらよいか悩むところもありました。


発想に制限をかけない範囲で、プログラムを進めるためのルールを設定していくと、

そういう戸惑いも少なくなるかなと思いました。


筆談で対話をしていく難しさも感じる一方、

言葉は発しないけれど、表情や仕草などで共感なども示すことができるので、

オンラインにはない面白さがありました。


そして、やはり発言の記録が残るというのは大きなメリットで、

他のグループの対話を全体で振り返ることもでき、

「鑑賞の鑑賞」には適しているなと感じました。


1枚の完成された絵として観ると、

見過ごしてしまいそうな細部にまで気づくことができるこのプログラム。

想像力も刺激され、この鑑賞プログラムを通すと、

あまねく観ることできたと、まさに作品を味わい尽くしてるという感覚になります。


遊び感覚で、対面で自由に発言していくのもいいし、

今回のように筆談で記録を残し、みんなで振り返るのも面白いと思います。

その時々の目的により、

いろいろな使い方ができる鑑賞プログラムになるかもしれないなと感じました。

次の展開も楽しみにしています。