検索

2020.1.18 取手校3rd 2限目

2020年が始まりました!

昨年末に取手駅ビルにできた、新たな美術体験の現場「たいけんびじゅつ場」=Viva!

にて、鑑賞をテーマにした取手校地3年目2限目の講座を開講しました。


講師は1限目に引き続きこの方、

「美場工作(びばこうさく)」さんです。

(発音は島耕作とおなじイントネーションでお願いします。)




12名の受講生が集まった午後、

まずは講師がこれまで培ってきた鑑賞のプロセスを図解。

といっても、難しいことではなく、

鑑賞をする時に誰しもの頭の中で起こっていることを解体して、

少し意識をすると楽しくなるポイントを伝えます。

*過去に似た内容の記事があるので、詳しくはこちら


「あ、それだったらできるかも。。」と気持ちをほぐしたところで、

鑑賞作品が発表され、最初のワークに入ります。

*作品は今後も使用する可能性があって、ネタバレ防止のために今回のログでは隠します。


鑑賞作品をよくみて、「気になった部分」を5分でスケッチする。

というのを3回くりかえし、3枚のスケッチを描いてもらいます。

ただし、3枚ともが異なった視点で描かれていることがルール。


あくまで部分。全体を描く必要はないですし、

時間もあんまりないので、完成しなくて構いません。

自分が何をみているのか?を考えながら描き、

またそうすることで自然に観察や想像が始まります。


終わったらペアになってもらい、互いにスケッチを見せて感想を話しあいます。

ここでも話し方のルールが。

「聞き手」と「話し手」に分かれ、

「聞き手」がいろいろ質問したことに「話し手」が答える形で

対話を行ってもらいます。

重要なのは「聞き手」は自分の意見は言えないこと。

あくまで「話し手」の話をよく聞き、うまく話を聞き出すことに集中します。

他人の描いた絵、というか鑑賞視点を見るのは案外新鮮なので、

自然に話が弾み、会場は終始明るい声が響きます。


しばらくしたところで、役を交代し、同じことを繰り返したら、

だいたいここで1時間なので一旦休憩に入ります。


そしてここから後半のワーク。

今度はこれまでの鑑賞をヒントに、

「画面に描かれているもの以外」をスケッチしてもらいます。


最初のスケッチや鑑賞、また他人の意見を聞いたり想像が膨らんだりする中で、

すでに皆さんは「画面に描かれているもの以外」についていろいろ触れていると思います。


前後の状況や、画面外の環境、

なぜか関連を感じてしまう個人的なことや、

何かに見えてしまう形や色、

勝手に感じたメッセージなど。。。


そういったことを自由に描いてもらい、

作品やその解釈を拡張してもらいます。