MUSASHIMURAYAMA

MALL HOUSE

消費の場であるショッピングモールという環境の中で、創造と共有が生まれる新たな場を提案する事をテーマにしたプロジェクト2年目。2013年は架空の家をフレームに、参加者が様々な素材(廃材の段ボール、カラーガムテープ、布、カッテーングシート等)を用いて暮らしに必要な物を作り、会場の「モールハウス」に展示してゆくプロジェクトを週末6日間に渡り開催。会期が進むにつれ参加者の創造は連鎖してゆき、1人で作品を作るだけでなく、他者の制作に加担したり、他者に制作を託したりする様な、個人を超えた恊働関係性が育まれる場が生まれました。

2013 イオンモール武蔵村山 フラクサス店舗内

主催;株式会社ワールド

This was the second year of the project proposing a new place for creativity and sharing in the shopping mall environment, traditionally a place for consumption. In 2013, the project was held over six weekend days. Participants created items of day-to-day necessity for an imaginary house, using various materials (such as scrap cardboard, colored duct tape, cloth, cutting sheets, etc.). These items were then displayed in the Mall House at the exhibition venue.
The creativity of the participants resulted in a positive chain reaction as the days went by, fostering a collaborative environment allowing individuals to work for others and have others work with them.

2013 AEON MALL Musashimurayama in Flaxus store
Organizer: World Co.