MUSASHIMURAYAMA ROCKET&ALIENS

消費の場であるショッピングモールという環境の中で、創造と共有が生まれる新たな場を提案する事をテーマにしたプロジェクト初年。2012年はロケットとエイリアンをモチーフに週末6日間に渡り活動を行った。参加者はカッティングシートでエイリアンを作り、ロケットのパーツに貼付けてゆく。会期中ロケットはどんどん大きくなり、最終日には350体のエイリアンが登場した巨大ロケットを完成させた。「再会」と「スタッフと参加者の関係性の構築」をテーマに活動を行い、会場で参加者ともう一度出会うための仕掛け作りや、一人一人の参加者とのコミュニケーションを重視したプログラムを行った。

2012 イオンモール武蔵村山 フラクサス店舗内

主催;株式会社ワールド

This was the first year of a project proposing a new place for creativity and sharing in the shopping mall environment, traditionally a place for consumption. Using a rocket and aliens as motifs, this project was implemented throughout six weekend days. Participants made aliens out of cutting sheets and pasted them onto the rocket parts. The rocket grew larger and larger during the exhibition, becoming a huge rocket with 350 aliens on the last day. With "reunion" and "connecting the staff and participants" as its themes, the project focused on making a system for reuniting with participants at the venue as well as on the relationship with each participant.

2012 AEON MALL Musashimurayama in Flaxus store
Organizer: World Co.