検索

取手校修学旅行レポート

今回の修学旅行では、

参加した皆さんに、以下のような課題を出していました。


課題:

旅行の中で体験する全ての物事について、

『「アート」と「アートではないもの」、

また「そのどちらでもないもの」があるとすれば』

というテーマをもって体験し、それを言葉にすることを意識してください。

旅行後、このテーマをタイトルにしたレポートを提出すること。


4名のレポートが提出されたので、以下に公開します。



レポート①


アートとは芸術・美術などに間接的に社会に影響を与えるもの。

芸術とは特定の材料・様式などによって

美を追及しようとする人間の活動及びその所産→人が美を追及し表現すること。


芸術と言うよりアートと言う方が身近でカジュアルな雰囲気、

また、多くを内包しているような感がある。


人がものを作る時、表現する時は必ずそこになんらかの意図が存在する。

見栄えよくするためであっても「綺麗に見せよう」という気持ちは入っているし、

また、アートだと感じる時、作品から鑑賞者は何らかのイメージを受けとる。

その時点でただのゴミも現象もアートになりうる。


そう考えた時、アートという言葉は間口が大変広く、また少々乱暴な言葉でもある。

例えば箱の中にペンを一本置いただけでもアート作品として成立しうる可能性がある。

鑑賞者がメッセージ性を感じることによってどんなものもアートになりえてしまう。


原始美術として有名なラスコーの壁画が元々は古代の人々が必要だから描いたものでも、

時代を越えて私たちが見た時に美を感じた瞬間アートになった。

見る人によってアートは無限に広がっていく。

アートとして表現されていないものも人によってはアート作品になり、

未来には美術品として扱われているかもしれない。


では「アートではないもの」とはなにか?

ものを作ることはアートになりうるし、

人の行動もアートになりうる。


「人」が関わった時点でアートとの接点が出来てしまう。

そんなことを考えて堂々巡りになっていたときに見た

新潟の自然、、虫、蛙…

これが「アートではないもの」なのかもしれない、と考えた。



自然や虫を見て「綺麗だ」とか「カッコいい」とか思うことはあっても、

手付かずの森林や虫、生き物、生態系はアートだとは私は感じなかった。

ただそこにあって生きているものはそれ自体は美しくとも作り手(人間)という意図はない。

今の自然や生態系は人が共存するようになってできたものだろうが、

そこで生きている生命はアートの枠には収まらないように感じた。



「またはそのどちらでもないもの」。

これに分類されるものはなにか?これも考えだしたときにすごく悩んでしまった。

行動でも物体でもない。生態系、生命でもない。

それ以外のもの…そんなことを考えながら、

三日目、ボルタンスキーの「最後の教室」を訪れた。


そこで感じたものは閉じ込められた時間と記憶、そして怖れだった。

私は今まで、本当に近しい人の死に向き合ったことがなく

「死」というものに漠然とした不安感と怖れをもっている。

「最後の教室」はいなくなってしまったものたちの記憶を留める装置のようで

別の世界と私のいる世界を繋いでいるパイプのような気がした。



その繋いでいる別の世界が、行動でも物体でもない、