検索

2019.4.20 取手校ゼミ 特別演習



(ログ担当:石渡)


知ったかアートゼミを千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で行いました。

今回は、課題をもとに実際に美術館の作品を鑑賞する、特別演習です。



課題は、「身体話型鑑賞(しんたいわがたかんしょう)」

作品から得た感覚を、「鑑賞者独自の手話やボディランゲージのようなもの」 =「身体話(しんたいわ)」で表すというものです。




「身体話」のルールとしては

①言葉の代替としてではなく、言葉から離れ、言葉を超えるために用いること

②意味と行為を、直接結びつけないこと

③言葉のように、誰もが同じように再現できないものでも構わない

ということが示されました。


鑑賞の対象となったのは、「ロスコ・ルーム」の作品。

「ロスコ・ルーム」はマーク・ロスコのシーグラム壁画のみが展示された空間です。


課題の共有後、約1時間各々作品を鑑賞します。

(他の作品を観るなど、時間配分は自由)

再集合し、ミーティング。「身体話」の発表をします。



ただし、「身体話」という体を動かす表現方法のため、

怪しいパフォーマンス集団だと思われないよう、

美術館から少し離れた庭園内でミーティングをすることに。


お天気に恵まれた、気持ちの良い日。

日差しも風も心地よく、春の草花に囲まれた庭園をお散歩し、移動しました。


途中の池にたくさんいたオタマジャクシ。

ウシガエルはオタマジャクシの時からビックサイズであることに、

ややざわめくゼミ生たち。


「身体話」の発表は、次のような形で行いました。

1.発表者が自身の「身体話」を発表する

  体の動かし方の説明はしても良いが、動きを意味付けするような説明はしない

2.発表者以外が発表者の「身体話」を真似する

3.「身体話」を真似して感じたことを話し合う


今回の課題のテーマは、「言葉から離れ、身体を使って鑑賞する」こと。

そのため、発表者からの言葉による説明は制限しました。


そして、発表者以外は「身体話」を真似することで、

言葉に頼らない、言葉を超える表現により、

発表者が作品から得た感覚を共有することを目的としました。


言葉や手話は、発する側と受け取る側共通の意味付けがあり、

自分から外に向かって発する記号のようなものです。


しかし、共通の意味付けを持たない「身体話」は同じ動きをすることで、

受け取る側も自身の感覚で発する側のメッセージを受け取ることができる、

つまり、「鑑賞の鑑賞」になります。



各々の「身体話」は実に様々。

特定の作品を表現する人、ロスコ・ルーム全体を表現する人。